都会に住むとストレスに弱くなってしまう!?

都会での生活

地方に住んでいる人たちの中には都会で生活をしてみたいと考える人が多いです。
やはり流行りのものにすぐに出会える都会は魅力的ですし、そういったところで生活をしていると得られる知識や経験もあります。

実際、東京だけでなく三大都市を中心として都市へのあこがれを持っていて移住してくる人はとても多いです。
人口の転出率は年々高まっています。
都会に出てきていろいろと成し遂げたいと思っている若者は多いのです。

住んでいる場所とストレスの関係

最近では都会に住むとストレスに弱くなるということが言われるようになっています。
ドイツで行われた研究によって、ストレスと脳の働きの実験を行った結果、都会生まれや都会育ちの人は小脳扁桃に大きな活動があることを発見しているのです。

これは、危険を察知する部位である小脳扁桃はストレスと深いかかわりがあるために、ストレス耐性に影響を及ぼすと考えられます。
ストレスを感じた際に感情を安定させる帯状皮質にも動きがあることから、都会に住んでいる人の方がストレス反応を過剰に受けやすくなったり精神疾患の一因になったりすることが考えられるのです。

都市部に住む人たちは今までよりも生活をする中で裕福になりやすい反面、慢性型の疾病になりやすいというリスクも抱えています。
所得格差や労働環境の格差はとても大きいということもあり、他の人と比較するとストレスフルになりやすい場面も多いです。

都会でストレスをかんじやすくなる仕組み

都会はストレスを感じやすい環境であるのはもちろんですが、ストレスを感じやすいのは都会に出てきた人に多いという傾向もあります。
まずは、今まで住み慣れた場所を離れて生活をするということによって、慣れない環境での生活でのストレスが大きいです。
今までの当たり前が当たり前ではなくなること、新しい環境での生活になれるまでに時間がかかることからストレスを感じやすくなります。

さらに、出てきて間もないうちは友達も少なくストレスをうまく発散できないという人も多いです。
悩みを相談できたり、信頼できたりする人がいないということは寂しいですし不安にもなります。
そういった友達ができないことは自分に要因があるのではないかとネガティブにもなりがちです。

都会での生活はストレスと上手に付き合うこと

都会ではストレスを感じやすい要因がいろいろとあります。
そこで生活がつらい場合には地元に帰るのも一つの方法です。
しかし、せっかくならばうまくストレスと付き合って都会で生活できるように努めてみましょう。

ストレスとうまく付き合うためには自分に合った解消法を見つけることが大切です。
趣味の時間を作ったり、おいしいものを食べたり、人によって解消できる方法は違います。
いろいろなストレス解消法をためして自分に合ったものを見つけ出すようにしましょう。