上京する人が結婚に向かない理由

田舎は結婚が早い

田舎では結婚するのが早いといわれています。
もちろん人によって結婚をする時期は違うものです。
運命の人と思える異性と出会えるタイミングも人によって違います。

しかし、田舎は都会に比べて多くの人が早めに結婚をします。
20代のうちに結婚をして子供を授かるという家庭はとても多いです。

その理由として、まずは出会いのチャンスが少ないことがあります。
田舎では新しい出会いのチャンスがないことが多いです。
そうすると異性と出会えるチャンスも減ってしまいます。

田舎に行くほどその傾向は強く、今付き合っている人と別れたら次の出会いはないかもしれないと感じることはとても多いです。
出会いも少ないですから選択肢が少ないという点でも迷うことなく結婚をしやすくなります。

次に、田舎は娯楽が少ないです。
そのため、楽しみも少なくカップルが付き合い始めるとデートを楽しむくらいしか大人になってからの楽しみもなくなってきます。
そうすると関係が深まってきて、自然と結婚の話も出てきやすいです。

田舎では授かり婚をするケースも意外と多くあります。
子供を授かったことで結婚をするという人たちも多いです。

上京すると結婚ができなくなる理由

上京をする人は何か理由があって上京をします。
やりたいことがある、勉強したいことがあるといった目的を持っている人も多いです。
そうすると、その目的のために頑張る気持ちがあると恋愛よりも仕事や勉強に打ち込むことがあり、恋愛や結婚が遠ざかりやすくなります。

また、東京では魅力的なものが沢山あります。
恋愛をしていなかったとしても楽しめることも多いです。
友達もつくりやすく一人でいても寂しくない、楽しいという場面も沢山あります。

一人でいても不都合も少ないです。
周囲にも似たような環境にある人も多くいます。
そのため寂しくないですし、仲間がいる安心感もあります。

女性は特に結婚しないことが多い

特に、上京して働いている女性は経済的にも自立しています。
昔は女性が経済的に自立していないということで結婚が必然的な部分も大きかったです。
しかし、上京してバリバリと仕事をこなしている人の中には社会的な地位も確立して経済的にも安定しており、一人でもきちんと生活レベルを保って生活できる人も多くいます。

そうなると仕事も楽しく必要なものはきちんと自分で購入することができ、好きなことができるという環境がとても楽しくこのような環境を手放したくないと感じる人も多いです。
そのため、結婚をするよりも仕事を頑張ったり、友達と楽しい時間を過ごしたり、趣味の時間を持ったりしたいと考えて恋愛や結婚が二の次、興味がない、と感じてしまうこともあります。