上京したての女はモテる?上京したてならではのテクニックで男性を落とす方法

上京したての女性はモテる

上京マジックで上京したての女性はモテることが多いです。
地方に住んでいる時には全然だったはずなのに、上京してからは男性に声をかけられることが多いという女性もいます。

上京して間もない人がモテるのはいくつの理由があり、恋愛テクニックとしても有効です。
知っていると合コンでも役立ちますから上京して間もないうちはぜひ活用してみましょう。

方言を少しずつだす

東京に住んでいる人は自分たちの方言がありません。
そのため方言に対してのあこがれを持っている人も多いです。
そのため方言萌えというものがあります。

通じないくらいの方言を出されてしまうと引いてしまうことも多いです。
しかし、ほどほどに普段は標準語を話している子がちょっとした隙に方言を出した時にはとてもかわいいと感じられます。

緊張が解けてきたときに気が緩んで方言が出てくることも多いです。
そういった点でも方言萌えする人は多くいます。
文末で方言を出すくらいがバランスがいいです。

男性は頼られるのはうれしいもの

男性は常に女性に頼られたいものですし、頼ってくれる女性には可愛いと感じるものです。
そのため、上京してきて間もない女性に頼られるとキュンとくることがあります。

上京してくると住んでいる地域のことはもちろんですが、電車の乗り換えなどわからないことも多いです。
行きたい場所はあるけれども行き方がわからない場合など困っている時にどうすればいいか聞かれると男性は悪い気はしません。

また、一人暮らしを始めてからの悩みもいろいろとあるものです。
一人で過ごすことが不安なこと、ご飯を一人で食べるのが寂しいことなど、一人暮らしでの寂しいことや悩みなどを伝えられると男性はうれしいですし、距離を縮めるきっかけにもなります。
ただ、寂しいからといって簡単に男性を家に上げるのは危険ですから避けましょう。

あまり乱用はしないこと

方言を話すことがかわいいといわれたり、不安なこを伝えて男性と距離が縮んだり、と少しモテてると感じる場面が出てくると女性も悪い気はしません。
むしろ、もう少しモテたい、チヤホヤされたいという気持ちを持つことも少なくないです。
ただ、あまりにもそういったものを乱用するのは避けるようにしましょう。

あまりにもあからさまに方言を使ったり寂しいアピールをしたりすると男性にこびている印象が出てきてしまいますし、男性も嫌悪感を持つこともあります。
特に同性からは嫌われやすいです。

中には気を持たせすぎて男性とトラブルになるということもあります。
テクニックとしては有効ですが、使いすぎるとトラブルになったり女性の友達ができなくなったりするリスクがあることも知っておきましょう。