上京初夜は寂しい?

投稿者: |

多くの人が一人暮らしに憧れる

割れたハート
兄弟がいる人は自分の部屋がなく兄弟一緒に過ごすということも多いものです。
また、家族と同居していると家族のことを気にして生活をしたり自分のペースで生活をできなかったりすることもあります。
そのような時、多くの人が一人暮らしなら、と憧れを抱いたことがあるものです。

特に状況して東京で生活をするとなれば夢と期待が膨らむばかりです。
憧れの土地での一人暮らしをするのですから、さらに気持ちは高まってしまいます。

そのため、一人暮らしが始まるとなれば多くの人が夢や期待に胸を膨らませ、ポジティブな感情でいっぱいになるものです。
しかし、実際に一人暮らしをするとそうもいかないことが多くあります。
楽しい気持ちでいっぱいで生活を始めたのに、初日の夜にはホームシックになるということも少なくありません。

とはいえ、まだ一人暮らしをしていない人は、本当にホームシックになるものかと疑う人も多いです。
そこで、ここでは本当に一人暮らしを始めればホームシックになるのか、上京初日の様子を紹介していきます。

上京初日、一人暮らしの夜のことはいつまで経っても忘れないもの

上京して一人暮らしを始めた人の多くは、一人暮らし初日のことをいつまでも覚えているものです。
そのくらい初日のことというのは印象深いのです。

特に、はじめての一人暮らしとなれば多くの場合、家族が一人暮らし準備の手伝いに来てくれます。
一人で生活をする初日は、この家族が帰宅してから始まります。
それまで家族がいた場所に一人でいるからこそどんどんとこれから一人で生活をするのだという実感がこみ上げて来て寂しくなるものです。

また、人によっては、東京は怖い・危ないということを多々言われているからこそ一人で生活するにあたって何かトラブルに巻き込まれないかという不安を感じながら眠りについたという人も少なくありません。
そのような気持ちを抱えながら眠りにつくため、どうしても眠りが浅くなりそこから気持ちが落ちてしまうということも多いです。

一人暮らしは寂しいものと理解する

楽しい気持ちやうれしい気持ちばかりを思い描いていると、初日の寂しさが堪えるものです。
ですから、気持ちの片隅に寂しくなるかもしれないと心構えをしておくだけでも少し違って来ます。

最近ではSNSがありますしスマートフォンで色々な人と連絡を取ることができます。
そこで寂しい気持ちを紛らわすために友人や家族に連絡をすることも気持ちを落ち着ける一つの方法です。

また、寂しくて涙が出るという時は我慢することなく泣く方が気持ちが楽になりやすいです。
いつか一人暮らしに慣れた時に思い出として笑えるようになりますから、あまりネガティブなことばかり考えるのは避けるようにしましょう。